オフィスレイアウトの事例を参考にする

仕事がしやすいようにオフィスレイアウトを整えることはとても大事です。効率にも関係することがあります。実際に導入をしている事例をチェックしてみると、どういう風にしたらいいのかも分かるようになってくるので便利です。一般的なタイプではなく、欧米でも頻繁に取り入れられているレイアウトというのもよいです。決まったデスクを持たないタイプのものであれば、省スペースで仕事をすることができます。日本はまだまだ決まったデスクを使うという風習がありますが、新しいタイプのものを考えてみるのもよいですし、参考になることもたくさんあります。また使い勝手も考える必要があります。頻繁に使う書類を保管している棚が遠いとそれだけでロスになってしまいます。またコピー機など多くの人が使うものに関してはできるだけアクセスしやすいところに設置をするとよいようです。



オフィスレイアウトの事例



全国津々浦々に、事務所は存在しています。昔ながらの事務を行う事務所やビジネス街のこじゃれたオフィス、官公庁の事務所など、様々な事務所の形態が存在します。用途や目的が存在するだけ、オフィスレイアウトの事例もその分だけ存在します。自分が勤務している独立行政法人は、労働基準法などが適用される意味では民間的ですが、国からお金をもらって運営をしていますので、その意味では公務員的でもあります。オフィスもどちらかというと旧態依然としたところがあります。出入り口側から、一般職員が年齢順に並び、主任などの中堅職員、係長と並んで、机をあわせて一つの島を作ります。その島から少し離れたところに、課長補佐が座り、一番奥に課長が、部長以上は個室になります。デスクワークが仕事の中心ですので、この並びが合理的な形ではあるようです。



オフィスレイアウトの事例と色使い



オフィスレイアウトの事例を見てみると、色使いを気にしているものが多いことに気付かされます。つまり、色使いによって、オフィスの雰囲気や働きやすさが変わってくるということです。例えば、色合いが暗いオフィスの場合には、壁を白で統一することで、明るい雰囲気になります。また、雰囲気だけではなく、光の反射によってオフィス全体を明るくすることが可能です。そこに椅子や机の色をどのような配色にするかによって、オフィス全体の雰囲気が決まってきます。レイアウトを考える時には、どうしても機能性を重視してしまいがちですが、色が与える影響というものも大きいわけです。見つけた事例に色についてのコメントが掲載されていない場合でも、自分で確認して参考にすると、理想のオフィスの雰囲気を醸し出すきっかけになるかもしれません。部屋の広さは同じでも、色によって広さの感じ方も変わってくるので、チェックすべきポイントと言えます。

世界中で活躍する日本企業のオフィス環境構築をお手伝いし、日本企業の業績向上へ貢献出来るサービスがメリットです。 当社はオフィスデザイン、内装を通じてお客様のオフィス内コミュニケーションを活性化して、よりよい企業になるお手伝いをしております。オフィスデザインやオフィス内装のことなら当社にお任せ頂けますと、 オフィス作りをトータルでプロデュースさせえていただきます。 オフィスレイアウトの事例を掲載中!